krh

5 「顔面」

顔面のことを考えてたら午前中が終わっていた。そんなことがよくある。

 

今日は雨降るかなあとかと同じくらいの気持ちで、なんでこんな不細工なのかと考えるときもあるし

普通の人は顔面に執着なんかしていないしこの顔面で産み落とされたことには目を瞑ろうと考える時もあれば

なんでこんなにも不細工なのかと泣きじゃくりながら死にたいと考える時もある。

 

 

普通がなにかなんて考えだすと前に進めないのでここでのふつうは、世間一般的に顔面には執着しない 美醜のことなんてこれっぽっちも考えない 人間をふつうと呼ぶことにする。

 

 

恐ろしいほど自分のみ 自分だけがばけもんのように醜く見える。ネットの人といえば語弊があるので、一部の界隈の人たちと言えば伝わると思うがそういう人たちは同じような気持ちになったことがあるのではないかと思います。

なに様と思われる前に、私が自分の顔面について考えていることなど顔面について思うことなど言葉はあまり選ばず自己マンなので本当にふーんと思ってほしい。

 

 

これもネットのせいにしていいだろうか。 私が自分から踏み込んでしまったことだが、変な界隈に足を突っ込んだせいで容姿について変に執着するようになってしまった。

その界隈のみ見ていると、なんだみんなこう思っているんだと錯覚しだすが

たかがネットの一部にすぎず世間的に見ればほんの数握りにすぎない。

少なくとも私の周りにはそういった人間は一人たりともいない。知らないだけかもしれないが。

 

 

執着しすぎだのマイナス言葉ばかりつかってきたが、よく言えば美意識が高いし完璧主義など、悪い事ではない。  ただ生きにくいと感じる。もちろん自分が美しくなること、自分の思い通りになることを生きがいにしている人もいるのでそれが生きにくいかどうかは個人の問題ではあるけど。

私は生きにくくなったと思う。顔面を考えていなかった時が一番生きやすかったと思う。余計な悩みが一つ増えたことになるので。

 

けど気づけてよかったじゃんと思う人もいると思うが気づけない方がよっぽどよかった。

所詮、顔面なんか自己マンでしかない。

他人からしたら羨ましいほどの顔面の持ち主でも本人が満足に思っていなかったら

他人から笑われるような顔面の持ち主でも本人が満足に思っていたら

自分自身の問題なら、後者の方が私は圧倒的に幸せだと思う。

 

ただ他者ばかり気にするようならもちろん前者が得だがそれは個人の問題だ。自分さえよければいいのか他人を気にするのか。

 

私は他人から見ても自分自身も最低なレベルだと思う。

自分がこう思っている以上他人にどういわれようと信じることができない。

 

 

だいぶ前に一部のあったことのあるフォロワーに私の顔面がどうか巡回したことがある。恥さらし、醜態をさらしただけなのであの時は本当にごめんなさい。

 

全然不細工じゃないよなどの言葉がほしかったわけではない。そんなものはどう足掻こうが嘘八百なので信じれないしうそつきと恨みます。

じゃあ何て言ってほしかったかというと正直な意見がほしかっただけだと思う。それを知ってどうするのか、私もよく分からないがこないだみたいに急に怖くなって自分の顔面はどんなもんだと把握して安心したかったのか

自分でもよく分からない。

 

 

 

 

ネットは得られる知識もあるが損することもある。こじらせることもある。感性や感覚・・

 

自分の体形に自信がない、中学からだいぶ肥えてしまったのが一番の原因だ。顔面も。

容姿について親に話す時がある、うんざりしているのか呆れているのか、毎回流される。

単にふつうの人からしたらそんなこと鼻からどうでもいい話なのかもしれない。

多分どうでもいいんだと思う。こんな執着して何になるのか。わからない。

 

 

可愛い服を着たい、好みの服を着たい、着たい服を着たい、土台がなければいけないので私はもう年中一応減量中にしているがそんな根性は持ち合わせていないしねじが外れて減量なんて頭にない時もある。それが大半だ。

 

仮に減量に成功し着たかった服を着れたとしよう。今度はこの顔面じゃ何を着たって似合わない

となる。満たされない。結局顔面がすべてを台無しにしている。死にたい。顔を変えたい。生きていたくない。と考え、泣きだす。

 

悪い事ではないしいいことなのだが、私の友達は顔面が整っている子が多い。友達が大好きなので、性格等合わせて友達びいきしているだけかもしれないが

少なくとも私よりはかわいい美人な子ばかりだ。

 

一緒にプリクラを撮る、写真を撮る。家に帰り見直す。楽しかったなあより友達と自分の顔面を見比べる。溜息がでる。

目の配置が、顔の大きさ等・・・自分が全部劣っている。

 

昔は自分から積極的に写真、プリクラを誘っていたが連れが言い出さない限り写真もプリクラも撮らない様になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早く美人になって見返す!町を堂々と歩きたい!とかそういうものはない。

顔面を変えることにビビっているわけでえはない。お金と時間、環境などがそろっていたら、将来的にそろえば、変えるだろうと思われるが、一番はそんなこと考えもしない様になっていることだ。

 

 

もう気力も何もない。ただただこんな残念な顔面に生まれてしまった。早くやせないといけない。早く全部終わってほしい。

劣等感や妬み、そういう感性がなくなってほしい。今はこれが一番しっくりくるような気がする。

 

 

 

逆まつ毛と称して瞼に麻酔の入った注射針を刺したとき人生で一番痛いと強く感じた。

軟骨にピアスを開けるとき、あの時の痛さに比べればとニードルを勢いよく貫通させた。

何か痛みを伴う経験をするたびそれを強みにすることができるようになった。最近得たのはそんなもんだ。

 

暇なんだと思う。ほかに考えることはないのかと言われれば、将来のことなど吐き気がするほど怖いことばかり。顔面のことなんて考える暇ないくらい充実したい忙しくなってほしい。 大好きな友達にかこまれたい・・・

が、昔の私ではないので劣等感に押しつぶされるだろうし、そんな毎日人とつるむのはしんどい。

 

早く現状打破したい。

 

 

4 「中学」

卒業してから今の今まで息をするよう「中学にもどりたい」と言っている中学がどれほどのものだったかについて書く。

 

簡単に言うと、運が良かった に尽きると思う。

毎年どの学年にも当たりクラスとハズレクラスがあるとおもうけど、三年間ハズレクラスにならず、しかも当たりクラスと言われるクラスになってた。

 

私の中学は三つの小学校が合併してて私の学年はどの年よりも人数が多かった。

勿論、違う小学校の友達もできたけどやっぱり同じ小学校の友達とばかりつるんでた。

だからいつも言ってる中学の友達は実質「小学生 幼稚園の友達」になるのかも・・・。

 

どの年もクラスではグループに所属していて、最低で4人最大で12人グループで毎日過ごした。グループにいれてたのも楽しかった大事な理由だね。

あとは部活に入っていたこと。クラスの友達よりも部活の友達と過ごす方が時間は長い。土日にも祝日も一緒にいたから。

 

 

部活は友達が入るからって理由だけで陸上部に入った。けど本当は仮入部したときに楽しかったからで、幼馴染とはこの部活選びで別れたと思う。

でも部活違うくて良かったねって、一緒だったら対抗したりぎくしゃくしそうだったしって丸く収まったのを覚えてる。今でもそう思う。

もし幼馴染と部活も同じだったら友達の輪は広がらないままでずーーーとその子に依存してたのかと思うと中学を楽しめたか分からない。

 

 

部活がずっと楽しかったわけではない。

いじめの発端はすべて部活動で、クラス内でいじめが起こったことなんてなかった。私のクラスでは。

多分、部活内グループで一番大移動してたのは私だと思う・・・。

顧問に部活やめさせてくださいって泣きついたこともあった、友達と辞めたいねってスパイクもって校舎の二階からばれないようにみんなの練習風景見てたり、同じグループの子が原因でとばっちりくらっていじめられてたり・・。

こんなことも全部をひっくるめて楽しかったって言いきれるほど楽しかった。

 

何のトラブルもなかったのは最後の年だけ。

 

 

 

話ずれるけど、部活内で一番権力もってる女の子がいた。その子は一番足が速かった。その子がよく人をいじめてた。でも二年の夏その子の横にいた女の子がその子を裏切った。

「今まで言いなりになってたけどほんまは一緒にいたくない。今まで酷いことしてごめん」って手のひら返してこっち側にきた。

みんな「いいよいいよ大丈夫?」ってその子をかばってた。

一番気持ち悪かった思い出は、部活が終わって校舎近くに全員集まって円になってその子を責めだした。1対20何人で。

確かにその子がいじめてきた事は許されることじゃなかったけど、手のひら返した女の子が私は一番意味が分からないと思った。ずるい。卑怯

その子が転校すると噂になった。けど部活内で一番足が速かったから顧問は辞めさせたくなかった。から強制的に仲良くしてってその子をどこか適当にグループにぶっこんだ。

 

 

うちの中学は陸上が強かった。だから強い選手が他校に転校するのが許せなかったんだと思う。

顧問はひいきが凄い人だった。現にミーティングの時にひいきするっていってた。

1回目のグループ移動の時に、仲良くなった子はサボり魔だった。私も一緒によくさぼってた。

その子と一緒に毎日毎日辞めたいねって、こんなに走ってなにになるんやろって。

 

その子はリストカットをしていた。

部活のことじゃない。家族とうまくいってなかった。

一度だけ、練習中に「もう逃げたい」って言われた、もう死にたかったらしい。私は別に死にたくはなかった、その子含め大切な友達もいた彼氏もいた親とも別に仲良くなかったわけじゃない。

けど練習を抜け出した。帰る途中、友達が言った「夜になったらこの辺も警察でいっぱいなるんかなあ。さっきの練習が最後で、親とは今朝会ったのが最後やなあ。」ってずっと話してた。

私はうんしか言えなかった気がする。でもなぜかその子の家の前についたら、「やっぱりやめよう。途中で抜けたから明日先生に怒られるかなあ。」っていつも通り帰った。

途中で怖くなったのかわかんない気が変わったのかな、今はもうその子と疎遠になった。

夜泣いて、毎朝目を腫らして学校に来てた。大丈夫なのかなって今でもたまに思うけど、もう連絡先も知らないし聞ける間柄じゃなくなった。

 

その子と離れてからのほうが部活は楽しかった。さぼらなくなって、タイムも伸びて。陸上自体はあんまり好きじゃなかったけど、メンバーは楽しかった。最後はみんな仲良しだった。色々あったけど・・・(笑)

 

中学三年のとしに、幼馴染と同じクラスになれた。本当に楽しかった。でも私は一年生も二年生も楽しかった。先生もクラスのみんなも大好きだった。

 

 

 

 

本当に好きだった先生がいた。体育の先生に本気で恋してた。

去年結婚したらしい。

 

3 「東京」

 三連休、東京に行ってきた。

東京自体に行くのは初めてじゃないけど、宗教目的でお母さんに連れていかれてただけだから旅行として来たのは初めてだった。

 

一日目はスカイツリーを観に行きました。

乗り気じゃなかったけど行ってよかったと思えた絶景だった。

ビルなんかは市内にも沢山あるんだけど何がちがうって、ビルとビルの距離感、無限にビルだった。

住宅街の家がすごく低く見えて、沢山敷き詰められてて本物じゃないみたいですごい景色だった。

あとスカイツリーみたいなたっかい建物作った人すげぇって思った。

 

雷門にも行った。外国人だらけだった。「らいもん」と思ってたら「かみなりもん」だった。 

 

で!夜ごはんは初もんじゃ焼きだった。

名前は知ってる、見た目がアレなのもしってたけど、完成形がアレなのは知らなくてびっくりした。

あとお好み焼きひっくり返す小さいばんみたいなんで食べるのも知らんかって、何回もお兄ちゃんに確認取って箸で食えばって怒られた。

 

味はおいしかったんだけど、たぶんそこの店がはずれで・・・。

 

セルフで焼くんだったんだけどわかんないから1回目は店員さんに焼いてもらった。

セルフのことにまずお母さんがきれて、うどんと焼きそばも頼んだんだけそれもセルフだって、きれてて、うどんの味付け聞いたときに「タレ」って言われたんだけど出てきたのが「キムチ」できれてた。

空気最悪でおいしかったんだけど不味かった。

一番きれてたのは、ソルティードック頼んだ時にオレンジジュースに塩が入った飲み物が出てきてぶちぎれてた。

店員の愛想も悪くて、もうなんか東京ではそれがソルティードックなのかとか、東京では「タレ」が「キムチ」なのかとか全部東京だからって混乱した。

あとやっぱり関西に比べて味濃いなあと思ったおいしかった。

 

そんなこんなで初もんじゃのお店ははずれだったけどもんじゃ焼き自体に罪はなく、美味しく頂きました。

 

 

 

二日目は湘南の海に行きました。

気温も天気もよくって、海も水着も小学生ぶりだった。

海の匂いはいいなあと思った。

もう昔とは違って身長も伸びて全然深くまで行けたこととか、もう何年も経ったんだなあって、最後に行ったときはお父さんもいたよなとか途中途中センチメンタルになって大変だった。

 

なんと同じ日にフォロワーさんも湘南に行ってたらしくすごい偶然(笑)

 

刺青が入ってるひと8割くらいいたと思う。もうみんな当たり前なのかな。入れる人はピアス開ける感覚と同じなのかな。

 

 

 

 

 

おおおお東京きたああってなったことについて

エスカレーターが右側。

つり革さんかく

駅の数が半端ない

おわり。

 

へーって思ったこと

電車の窓のとこに日よけみたいな下すもんがない

アナウンスめっちゃでかい

あと電車の中身が二段になってってビビった。

 

 

二日間で「東京」「神奈川」「埼玉」に行けてすごい充実してた。

けどめっちゃ疲れた。

充実してる人って体力つかってんだなあって思った。

 

 

 

今めちゃくちゃ眠いしこれ書くの二回目だし1回目の消えてたし明日学校だししんどいのでこの辺でやめます。関東本当に楽しかったです住みたくはないです。

でも次行くなら観光とかじゃなくて地元民の如くぶらぶらしたい。

 

 

 

ニゾンのライブ、ふたつ当選して生きててよかった。

シュガーソングとビターステップは知ってる人おおいかなよかったら聞いてみて。

 

 

 

 

 

 

2 「アニメとマンガ」

 

初めて見たアニメはなんだったかな。

 初めて読んだ漫画はなんだった。

 

 

アニメといえば、初代プリキュアが幼稚園の頃にやっていてプリキュアのために朝の八時に起きてた。プリキュアは中学生まで引退せず見てた。周りには公表してなかったけど。

それと「銀魂」もたまたまつけたらやっていて、そしたらそれが一話で、今もずーっと見てる。

けど私の言いたいアニメはそんな国民的アニメじゃなくて深夜にやっているアニメの話がしたい。

 

 

多分、「GOSICK」が初めて録画した深夜アニメなんだけどその前に「らき☆すた」をゲオで借りて見てたから実質らきすたになるのかも。

 

ゴシックは本屋で試し読みしてテレビアニメ放送の文字が目に入ったから録画してみたんだと思う。一巻だけ持ってる。

ミステリーの話で、金髪のゴシックの服着た小さい女の子と男の子が出てくる。

ちなみに、カルホ垢の初期アイコンはゴシックの「ヴィクトリカ」だった。

 

 

多分そこからアニメにハマったんだと思う。

その時はアニメが好きっていうより、興味のある漫画がアニメ化されてるから見るって感じ。今は今季のアニメは一通り名前を知らなくても録画してみてる。

2,3個しか結局見ないですが・・・。

 

私がアニメを見だして、お兄ちゃんも一緒に見るようになって途中からはお兄ちゃんのほうがハマってた。

名前も知らないけどとりあえず今季アニメを全部録画するっていうやり方は、お兄ちゃんがやりだしたような気がする。たぶんそう。

ちょっと深夜アニメらしい過激なアニメを一緒に見るのは嫌だった。

最近のは全部見てるわけじゃないから分からないけど、前みたいな過激なアニメって減ったかなって思う。それよりも漫画タイムキララとかゆるふわ日常アニメが増えた気がする。知らんけど。

 

 

 

 

もともと本を読むのが好きだったらしく本ばっか読んでて漫画は買ってもらえなかった。

漫画は、小学一年生のときに入院していて退院祝いでお母さんが「ちゃお」買ってくれたと思う。それでハマって、毎月買ってもらってた。付録ほしさもあったかな。

付録ってゴミになるよね(笑)

 

で、そういう漫画の話はよくて、二次元おんなのこ漫画は「らき☆すた」が初めて読んだ漫画だったと思う。全巻家にある。

たぶん漫画を読んでゲオで借りたんだったかな。

 

私のお母さんは宗教狂いで、私はお母さんのおなかの中にいるときから連れられていた。

曖昧だけど小学低学年くらいにお母さん連れられた時に、まだ子供だから入れない時間?参加できないことみたいなのがあって、その時に「らき☆すた」の漫画を買ってもらって待ち時間に読んでたと思う。

 

それが初めて読んだ漫画で、小学生のうちは「好きっていいなよ。」「となりの怪物くん」「ちはやふる」の3冊を読んでた。

まだ「好きっていいなよ」「ちはやふる」は完結してないね。映画化もされてたけど。

あとはお父さんとお兄ちゃんがジャンプ買っててたまに読んでた。「めだかボックス」好きだった。

 

私が子供の時にみてた記憶に残ってるアニメを紹介する。

多分フォロワーさんのほうが詳しいんだと思うしちょっとズレてるかもしれない。

 

さんかれあ」「aチャンネル」「アナザー」「これはゾンビですか?」「戦記絶唱シンフォギア」「電波女と青春女」

シンフォギアは今季また始まったから見てください。私は多分見ない。

アニメ思ったより沢山覚えてるからこのくらいにします。

氷菓とかも好きだったかなマケンキとかマジ恋もお兄ちゃんが見てた。

未来日記もみてください。

 

 

 

今期アニメも一通り録画したけどあんまり見れないと思う。賭ケグルイシンフォギアアホガール?も一話逃したから見る気失せてる。

ニューゲームだけ見ようかな。

 

中学入っていつからかアニメ見るのがだるくなってる。今もそう。漫画も読めないし本も読めない。続きがきになることがなくなったのかな。

 

 

 

漫画、今は進撃とグールを見てます。どちらも最新刊家にあるけどだるくて読めてない。

 

 

 

毎回最後に書いてる音楽関係の文章は現在進行形で聞いてる曲について書いてて、今聞いてるのは「ハイスクールd×d」のop「trip-innocent ofd-」らしい。

昔のアニソンたまに聞きたくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 「ゲーム」

 私には幼稚園前からの幼馴染が1人いて今も同じ通信に通ってるんだけど、その子に誘われたのがきっかけで「ニコットタウン」始めたんだったと思う。

 

小学生4、5年生の時だったかな。

その子とは本当に趣味が合うんだけど、お互い幼稚園の時からお絵かきが大好きで2人で遊んでは家でずっと絵書いてるかpcかwiiを一緒にしてた。

お題出し合って(デートに行く女の子の格好とか(笑))書いてたと思う。

 

「ニコットタウン」は勿論ネットの中の繋がりもあったけど普通にリアルの友達も数人しててそこでの繋がりを中心にしてたかな。

幼馴染とは土日、一緒に遊ばない日に何時からログインしようって約束してニコットタウンの中で話してたりして、携帯を持ってなかった私たちだったからそれが唯一の一緒にいないときの繋がりっていうか・・・。

 

休日はお母さんよりも早く起きて、朝一でパソコン開いてそればっかりしててよく怒られたりしてた。真剣になりすぎてシチュー温めてるの忘れて鍋の底焦がしたのが一番覚えてる。

 

やっぱり課金しないと自分のアバターかわいくできなくて、かわいい着せ替えは課金しないと手に入りずらいし親のお金で課金させてもらってた(笑)

一時期は、「はがない」の小鳩の格好させてたと思う。小鳩すごい好きだった(笑)

 

そんなこんなで、タイピングはめっちゃ上達したけどオタクって感じだから授業中も周りに合わせて打ってた。オタクが悪いとは言ってないですよ。

 

 

で!pcのおすすめゲーム紹介したいと思う。あやふやだけど。

「恐怖のアイス屋」

これは脱出ゲームで、見つかったら殺されるっていうちょっと残虐な感じなんだけどハラハラ感がよくて、何より脱出ゲームだから脱出できたときが助かったあってなる。

よく車で売ってるクレープ屋さんとかあるけどそれのアイスバージョンで、車の中に閉じ込められるんだったかな。

車の中広すぎやんって思うけど一度やってみて。

 

あと他にはお兄ちゃんがよくやってた「都道府県対戦」っていうやつも私は下手でできなかったけど面白そうだった。

カービーみたいな球体のキャラが可愛。

 

他にもあったけど昔すぎて忘れちゃった。

 

それより、私はゲームキューブが好きで好きでマリオカートとスマッシュブラザースが大好だった。wiiピクミンの二人対戦が好き。

男の人ってゲーム好きな人多いなぁと思う。お兄ちゃんが大好きだったから家に沢山ゲームがあった。見てばかりだったけど。

 

でも1回だけモンハンやらせてもらった時に、めっちゃ怒られた「そこちゃうやろ!」「今の横やん!」とか下手なのが悪いけど怖かったので見てばかりでしたね。

 

 

話は戻るけど、幼馴染にもお兄ちゃんがいてゲーム大好きだから気が合うのかなとか思う。

一概には言えないけど、私の経験上兄弟構成みたいなので友達分かれてたりするなーと。全員がそうではないんだけど自分は末っ子で友達も末っ子の子が多い。気がする。

 

で、好きになる人は弟とか妹がいる上の人ばっかりだった。不思議だね。

 

 

 

 

kana-boonの人なんか色々あったみたいだけど曲すごい好きだった。

「ウォーリーヒーロー」から入った。最近の曲は知らない。

 

 

 

 

 

 

0 

1回書き終えたのにパソコン落ちて全部パーになった。っていうのも2回目で、2回目書き終えたのもどっか違うところにいっちゃって3回目。アホですね。

 

なんでパソコンで書いてるかってことも書いたけど消えたのでまた初めから書きます。

 

あとブログ始めた意味と2つめのアカウントつくった意味はない。

どうでもいい事ばっかりうるさく呟くのでリムーブ気にしないでやってください。私は気にしないので。

 

 

実はブログ書くのは小学生以来で、「ニコットタウン」っていうアメーバピグみたいなアバター動かして遊ぶゲームにハマってて、その中で日記みたいに書いてたのかな。 あんまり覚えてないけど。

(懐かしいのでニコットタウンについてまた書く)

 

当時はまだスマホなんて世に出てなくて、ガラケーも持ってなかったからパソコンしてた。

それと、昔からお兄ちゃんの影響を受けやすくてお兄ちゃんがpcゲームしてるのを横でずっと見てたからパソコンで遊ぶようになったのもある。

根っからのインドアですね。

 

 

それでその時の名残でブログはパソコンで書きたいなぁって、おじいちゃんに貰った古いノートパソコンを引っ張り出してきたわけなんですが・・・。

 

文に書き出すと書きたいことが沢山おもいついたから追々書いていこうかな。

 

 

 

 

radwimpsの「ふたりごと」とか「有心論」よりも「前前前世」のほうが再生回数伸びてて悲しくなった。